大阪のベース教室 Uprise

ベースで使われる用語

■アタック音

アタック音とは、「バチッ」といった音です。強くタッチした際に鳴る。

■アクティブ

ベース本体の中にプリアンプが入ってるベースのことです。

■アドリブ

即興で思いついたフレーズを演奏すること。

■アップ・ストローク

ベースの弦を弾くときに、下から上に(弦の1弦から4弦方向に)引き上げる動き。反対は、ダウン・ストローク。

■アンプ

ベースから送られてきた信号を増幅や加工して音を鳴らす機材。

■イコライザー

エフェクターの一種で、音の補正を行う。音楽プレーヤーなどにあるイコライザーと同じ。

■インスト

インストゥルメンタルの略で、(ボーカルが入っていない)楽器だけの演奏のこと。またはそのジャンル。

■イントロ

曲の始めの部分のこと

■エフェクター

ベースの音を変化・加工するための機材。色々な種類のエフェクターがある。

■弦高

指板から弦までの高さのこと。「げんこう」と読む。弦高が高すぎると弦が押さえづらくなる。

■オルタネイト・ピッキング

ベース弦を鳴らすときに、ピックをダウン→アップ→ダウン…と交互に繰り返し演奏すること。

■開放弦

ベース弦のどこも押さえずに鳴らすこと。

■キャビネット

ベースのアンプにはヘッドとキャビネットと2つに分かれたものがあり、ヘッドはコントロール部分でキャビネットはスピーカー部分。

■グリッサンド

弦の上で指を滑らせて、音階を滑らかに移動させる事、グリッサンドは始点と終点の指定がないです。

■ゲイン

音楽制作全般で使われる用語で、歪みの大きさを指すこと。

■5弦ベース

5弦のベースのことで、4弦よりも幅広い音域の表現が可能です。

■ゴーストノート

譜面では「×」と表記します。パーカッシブなサウンドを出すことです。

■サステイン

音の伸びの事を指す

■スタッカート

一音一音を短くして演奏すること

■スタインバーガー

ヘッドが無い形のベース

➡ベースレッスン

➡よくある質問