ヨガ

ヨガについて ヨガの講師紹介

ヨガを始める前に

ヨガに取り組むにあたって気をつけたい注意点とヨガの効果を有効に引き出すためのポイントです。

ヨガを行う時の注意点とポイント

nepture自分のできる範囲で

自分のできる範囲で無理をせず、少しずつ行うことが長く続けられるコツです。

neptureやりすぎは逆効果

ヨガのやりすぎは逆効果です。長くても1日1時間から2時間ほどにしておきましょう。

nepture継続は力なり

ヨガは続けることで効果が生まれます。不定期に行うよりも、少しづつでも構いませんので、継続して行えるように心がけましょう。

nepture空腹時に行うのがベスト

満腹時は内臓に負担がかかるので、ヨガは必ず空腹時に行うのがベストです。食後は絶対に避けましょう。出来れば食後2時間以上は空けた方が良いでしょう。

neptureお風呂の直前直後は注意

お風呂の直前直後のヨガは、心臓に負担がかかるので絶対に避けましょう。ヨガを行って30分は空けるようにしましょう。

nepture動きやすい服装で

ヨガは、”動きやすく身体を締め付けない”ゆったりした服装がおすすめです。時計やアクセサリーなども外し、靴下も脱いで行いましょう。

体が硬いとヨガは難しいと思われがちですが、体が硬いということは、”体の状態がわかりやすい”ということです。硬くなっているところをほぐすのも気持ちが良いものです。 ただし、早くやわらかくなりたいと思って無理をしすぎないことです。最初はお手本と同じようにポーズができなくて当たり前です。時間をかけて行うことがヨガの大切なポイントです。 1回のレッスンで1つだけヨガポーズを覚えたり、深呼吸をするだけでもいいと思います。心と体をリラックスさせる時間を持つことから始めてみてはいかがでしょうか。

体験レッスン

ページの先頭へ