ギターに必要なものは?

ギターを始めるのに必要なものをご紹介します。

ギター

ギター

まず、ギター本体です。自分の演奏したい音楽ジャンルにあったギターを持つことが重要です。
エレキやアコギにもメーカー・機種・価格など、様々な種類のギターがあります。
「どれを買ったら良いかわからない」場合は、講師に聞いて頂くか楽器店に行けば試奏もできますので、自分の気に入った音やデザイン、弾き心地の良いものを見つけてください。

教室でのレッスンは無料で貸し出し可能です。

ピック

ピック

ギターはピックまたは指弾きで演奏します。ピックを使う場合は大まかに2種類の形があり、ティアドロップ型とおにぎり型です。
また、それぞれに硬さや厚さがあり、「ソフト」「ミドル」「ハード」「エクストラハード」などのタイプがあります。1枚100円~200円程度です。 大阪にもたくさんの楽器店がありますので、直接行って、握りやすいものを選ぶと良いと思います。

教室でのレッスンは無料で貸し出し可能です。

チューナー

チューナー

ギターの弦の調整(チューニング)をするには「チューナー」が必要です。
ギターのヘッドに挟む「クリップタイプ」やケーブルでつなぐ「ペダル型チューナー」や「カード型チューナー」などがあります。
よく使われているのは「クリップタイプ」のもになります。エレアコギターにはチューナー内臓のものも多い。

教室でのレッスンは無料で貸し出し可能です。

ストラップ

ストラップ

ギターを立って演奏する場合はストラップが必要です。こちらも自分の好みのデザインや肩が痛くならない材質のものを選ぶと良いでしょう。
価格帯は1000円~7000円くらいのものまで

教室でのレッスンは無料で貸し出し可能です。


アンプとケーブル

ギターアンプ

ケーブル

アンプにはヘッドアンプとキャビネットをセットにした「スタックタイプ」と、1台で音が出せる「コンボタイプ」があります。
ギターとアンプを接続するケーブルも安価なものからノイズ(雑音)が入りにくい高価なものまであります。

教室でのレッスンは無料で貸し出し可能です。

ケース

ギターケース

ケースはギター用バッグ(厚みの薄いソフトケース、ある程度厚みがあってしっかりとしているものをギグバッグ)と ハードケース(軽量化したセミハードケースなど)があります。

ボタンギターコースへ ボタンギターレッスン内容へ ボタンギター講師紹介へ ボタンギターQ&Aへ

体験レッスン

ページの先頭へ